新型うつだと感じたら今すぐ心療内科に向かいましょう

イライラが続いたら

新型うつの患者が急増してます。コチラへどうぞ。|うつアカデミー

まずはカウンセリングから始めよう

休日は元気になるけれど、仕事が始まると不安感やイライラ感が強くなり、体の調子を壊してしまうという症状に、悩んでいる方も少なくないようです。 このような症状が現れている場合、もしかしたら「新型うつ」を発症しているかもしれません。 新型うつとは名前の通り、新しいタイプのうつ病です。 今までのうつ病は休日であっても、仕事であっても気分の落ち込みや体の不調が現れます。 新型うつの場合は、自分がしたくない事をしなければいけない時に、体の不調を起こしやすいのです。 新型うつは早めに治療を受ける事で、症状が軽くなるケースが多いと言われています。 治療は精神科や心療内科での、カウンセリングが一般的です。 このような症状に悩んでいる方は、早めに専門の医療機関に相談してみましょう。

新型うつは治療で改善できる

今、「新型うつ」が問題視されています。 従来のうつ病は、ずっと気分が落ち込んでしまい、趣味など今まで好きだった事にも、興味が無くなってしまうのが特徴です。 新型うつはというと、自分の好きな事は問題なく行えるのですが、仕事など自分がしたくない事は、できなくなってしまいます。 このように聞くとただの甘えのように、とられてしまいがちですが、新型うつは精神科や心療内科で治療対象となっている、れっきとした病気です。 ですので、このような症状に悩んでいるのであれば、早めに専門の医療機関で治療する事が大切です。 早めに治療を始めればカウンセリングのみでも症状が、軽くなるケースもあると言われています。 サボりなどと思われがちな新型うつですが、れっきとした病気ですので治療で改善する事が可能なのです。

甘えや怠けではない新型うつ

何をするにも気分がのらず興味関心がなくなるようなうつ病は古くから多くの人を悩ませてきましたが、20代を中心に最近では「新型うつ」がはやっています。医学的には非定型うつ病といわれるもので、従来のうつ病とは違うためにうつ病であるということを本人も周りも気づかずに病院の受診が遅れて治るまでに時間がかかってしまう病気です。従来のうつ病はうれしいことがあっても気分がはれないですが、新型うつは感情が反応的でうれしいことがあると気分がはれます。過食や過眠がみられうつ病とは逆の症状に悩まされます。プライベートでは楽しいことに積極的に参加している様子がうかがえるが、仕事や学業になると一気に気分が落ち込むこともしばしばです。そのために怠けや甘えとしてとらわれがちで、発見が遅れてしまいます。

新型を見抜くテクニック

新型うつ病は憂うつ状態が続くうつ病とも躁状態とうつ状態が繰り返し起こる双極性障害とも違い先ほども述べましたがうつ病かどうかを見抜きにくいです。新型うつの場合には仕事は憂うつで会社に行くのが嫌だと感じるが、プライベートの飲み会などには積極的に参加するというように怠けている印象を持たれがちです。ほかのことは問題ないのに仕事に行きたくないなと感じるまた出社拒否が長期みられる場合には新型うつではないかを疑ってみるほうがいいです。また従来からのうつ病の場合には自分が悪いからや自分が悪いからなど、自分を責めてしまう傾向にありますが、新型うつでは自分を責めるのではなくそのほかを責めがちです。会社に行く事ができないのは会社や上司・同僚がいけないからだと他者を責める傾向にあります。

今の新型うつは有名なうつ病とは治療も症状も違いがあるので、しっかりと知っておくことが大切です。

新型うつを治す

うつ病も時代の変化と共に新しいものが誕生しており、近年よくみられるのが新型うつです。この病気を治療する時には抗うつ剤が処方されますが、薬も保険が適用されるので薬の治療費は負担は少ないといえます。

詳細を確認する

セラピーで改善

若い世代でうつ病を発症する場合、新型うつである可能性が高いといえます。新型うつは薬治療と同時にセラピーを受けることが非常に大切です。セラピーではうつ患者の深い部分に目を向けながら改善させていきます。

詳細を確認する

うつになったら

うつ病は重度になると会社に行けなくなるというケースもあります。特に最近では医師の診断書を提出すると精神障害年金支給などを受けることができます。近年のうつ病で多いのが新型うつ病とよばれるうつです。

詳細を確認する

増え続ける新型うつ

近年発見された新しいうつ病に新型うつがあります。特に若い世代を中心に患者が増えてきており、趣味は楽しめるけど会社に行く時は憂鬱になるという症状を持つ人がほとんどです。

詳細を確認する

新しいタイプ

新型うつはここ数年の間に一気に広がりをみせているうつ病ですが、周囲の理解を受けにくく、自分でも気づきにくいのが特徴です。日常生活に異常を感じたら早めに医療機関で治療を受けるのが良いでしょう。

詳細を確認する

TOP