新型うつだと感じたら今すぐ心療内科に向かいましょう

新しいタイプ

広がりつつある「新型うつ」

「新型うつ」という言葉を、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。 新型うつは2007年ほどから言葉が広まりつつある、新しいタイプのうつ病です。 主に20代から30代の若い世代に、起こりやすいと言われています。 従来のうつ病とは違い、気分にむらがあり、自分の好きな事は積極的にできるけれど、仕事など嫌な事はできなくなってしまうという点が特徴です。 仕事中だけ体の調子が悪くなってしまう為、周りからはサボりと思われてしまい、なかなか理解してもらえないケースも少なくありません。 自分が新型うつではないかと、不安になっていたら、早めに専門の医療機関で治療を始める事をお勧めします。 新型うつは精神科や心療内科の、カウンセリングや薬物での治療が一般的です。

甘えと捉えず早めの受診を

休みの日は元気なのに、仕事になると体調を崩してしまうという方も、多いようです。 このような症状があると、周りからは「甘え」ととられてしまい本人は辛い思いをしてしまうでしょう。 自分の好きな事はできるのに、仕事となると体や心の調子を崩してしまうという場合、もしかしたら「新型うつ」を発症しているかもしれません。 新型うつは名前の通り、新しいタイプのうつ病です。 仕事など自分の嫌いな事をしなければいけない時、様々な不調が現れてしまう為、周りからは甘えやサボりと思われてしまうケースが多いようです。 新型うつは甘えではなく、病気ですので早めの受診を受けましょう。 身近に新型うつになっている方がいる場合は、病気という事を受け入れて、接する事が大切です。